homepage
homepage

Moskitoo Mitosis Tour 2014

2014/1/25 Tokyo
北とぴあプラネタリウムホール(東京)*終了しました
3/29 Kyoto
night cruising meets つくるびる/つくるびる1F(京都)
4/10 Fukuoka
オルタナティブスペースHACO(福岡・田川)
4/11Fukuoka
ギャラリーモリタ(福岡)
4/12 Ooita
永久別府劇場(大分・別府)
4/13 Hiroshima
ヲルガン座(広島)
4/15 Kobe
space eauuu(神戸)
Reviews on Magazine:
ドイツの音楽誌「Sonic Seducer」12月号にレビュー掲載
ベルギーの音楽誌「Gonzo Circus」176号にレビュー掲載
ドイツのカルチャー誌「De:Bug」176号にレビュー掲載
イタリアの音楽雑誌「Rockerilla」10月号にレビュー掲載

Reviews on Website:
HUNGER CULTURE(ES), NORMAN RECORDS(UK), SON OF MARKETING(IT), FLUID RADIO(UK), ONDAROCK(IT),DMute(FR),
Chain D.L.K(IT) ,ETHER REAL, Liability(FR)

Music Video

moskitoo "Fragments Of Journey" Music Video from kanyukuyuki on Vimeo.Video by Yuki Hayashi / Music by Moskitoo


映像:林勇気 / 音楽:Moskitoo

映像作家 林勇気 プロフィール
97年より映像作品の制作を始める。国内外の美術展や映画祭に出品。
自身で撮影した膨大な量の写真を、コンピュータに取り込み、切り抜き重ね合わせることでアニメーションを作る。
その制作のプロセスと映像イメージは、インターネットやテレビゲームを介しておこなわれる現代的なコミュニケーションのあり方を想起させる。
主な展覧会に「あること being/something」(2011年 兵庫県立美術館)「planetarium」(2012年 柏プラネタリウム)など。

Introduction

本アルバムを制作するにあたってのインスピレーションの源になったものは、細胞、分子、原子、素粒子など、生物を構成する最小単位についてです。 細胞分裂を意味するタイトル「Mitosis」は、無数のちいさな点のような物体が有機的に絡み合いながら、分裂、増殖を繰り返しマトリクスを生み出す現象から着想を得てタイトルにしました。

生きること、生まれること。からだ、物質の素粒子。
そしてそこで行なわれている、誰もが気にすることのないほどの僅かな変化。 膨大な数が失われても、またそれに見合った数だけ細胞は作られて、わたしたちのからだを満たしてゆきます。

アルバム全体のサウンドは、小さな音が生まれ、増殖し変化し作用し合いながら空間を満たしてゆくイメージを描き、少しずつ創っていったものです。

これらのインスピレーションアイディアをベースにしながら、楽曲ひとつひとつに対しては新たなストーリーと言葉を吹き込むことで「Mitosis」のアルバムをよりユニークな作品として完成させることができました。 ミキシングに杉本佳一さん(Fourcolor/minamo)、マスタリングにテイラー・デュプリーさんに参加していただき、さらに深く広がりのある作品へと仕上げていただきました。(Moskitoo)

 

1曲目となる"Wonder Particle"はMoskitooの志向をよく要約した曲です。 女性らしい手法で人工的なデジタルサウンドを包み込み、折り重なるかすかな歌声はリズミックな欠片と昆虫のようなノイズ音の間を浮遊します。 その音楽はストレンジで空想的で、まるでにぎやかな見知らぬ都市の夜を散策する時のサウンドトラックのようかもしれません。 そこにあるのは、光、音の群れ、流しっぱなしの映画から聞こえてくる、通りすがりの人の無数の断片的な会話と、それぞれの物語。

このセカンドアルバムのインスピレーションの背景にあるのはこれらのアイデアからそう懸け離れてはいないでしょう。 Moskitooは細胞レベルの旅について考えてました。 アイデアを探求していたMoskitooにとっての出発点となる、一組の染色体の中での細胞分裂、人体や物質を構成する小さな粒子の増殖。 これらのアイデアと繊細なさざ波のような彼女の音楽は相互関係を描き、透明でエレクトロニックなサウンドを浮遊します。

Mitosisは、彼女の音の探求者として、そしてソングライターとしての才能を発揮させた、ドリーミィで、いたずらのようでそしてシリアスなアルバムです。 それはキャッチーで同時に不思議な、答えを求めない問いかけといえるでしょう。(テイラーデュープリー/12k)

The inspiration for the album came from cells, molecules, atoms, and particles, that are the smallest parts of animals; tiny dots that turn into something visible.

The title of the album "Mitosis" means the process of cell division. The idea came from the phenomenon in which numerous small dots that are organically connected and interwoven separate and multiply to form a matrix.

It's the mysterious phenomenon happening every day, all the time, to regenerate the great number of cells that have been lost.

The idea is about living, being born, the body, particles, substances, and the subtle changes happening around you, unnoticed.

The album was created with a focus on such a subtle but important phenomenon, imagining that a small fraction of sound multiplies and changes little by little, eventually to fill up the room.

Based on such inspiring ideas, each track was brought to life with a new story and words. This was how this unique album "Mitosis" was born.

Thanks to the mixing of Keiichi Sugimoto (Fourcolor/minamo) and mastering of Taylor Deupree, the finished album is a more spacious and profound work.
(Written by Moskitoo / Translated by Shihoko)


2007 saw the album debut of Moskitoo with 12k’s Drape (12k1041). Since then, Moskitoo (Tokyo’s Sanae Yamasaki) has been busy performing live, recording and releasing new work (including sound/voice for Japanese media/television and iOS apps) and expanding her talents as a visual artist in Japan. After six years of growth as an artist she presents her sophomore album, Mitosis.

Mitosis begins with “Wonder Particle,” a track that very much sums up Moskitoo’s intentions: to embrace the digital with not only a human, but a distinctly feminine touch. Wispy, layered vocals swim around rhythmic fragments and warm insect-like noises. The music is strange and otherwordly, perhaps the soundtrack to an evening stroll on a warm night in a bustling alien city. There are lights, swarms of sound, a myriad of conversations blended by a thousand different stories of passers-by always on the move.

The inspirations behind this second album are not far away from these ideas. Moskitoo herself was thinking of journeys, even ones on the cellular level. Mitosis, or the division of a cell into two identical sets of chromosomes, was a point of departure for Moskitoo as she explored the ideas of division, expansion, the human body, and small particles of matter. One can draw a correlation between these ideas and her music as it nervously wiggles it way through sounds both liquid and electronic.

Mitosis is a dreamy, playful and serious album that shows Moskitoo’s talents as a sound explorer and songwriter. It is at once both catchy and curious, a question that doesn’t always need an answer.
(Written by Taylor Deupree/12k)

Moskitoo "Mitosis"

art works

All tracks created and artwork by Moskitoo

Except track 07 Lyrics by Takuya Koiso(Regu Regu),
Original song by Ash Ra School,included in Si Sol e.p.(See Recordings)

Mixed by Keiichi Sugimoto
Masterd by Taylor Deupree

CAT # : 12k1077 / AMIP-0039
RELEASE DATE : SEP 3 2013(World Wide) / SEP 8 2013(Japan)
FORMAT : CD + DIGITAL
Label : 12k
Distribute : Inpartmaint / p*dis

Buy Now(Label Online Store) : 12k Shop[World] / p*dis Shop[Japan]

Tracklisting

  1. Wonder Particle
  2. Trajectory
  3. Mint Mitosis
  4. Micro porta
  5. Fluctuations
  6. Vulpecula
  7. Who lives in the skin burn?
  8. Taxonomy
  9. Night Hike
  10. Fungi
  11. Fragments of journey
  12. Astra

Bonus Track *Japanese Edition Only 国内流通盤のみダウンロード可

  1. Hiatus
  2. Hokori no Horse
  3. Lethe

日本女子エレクトロニカシーン代表する実力派アーティストMoskitoo、5年ぶりの新作を完成!ポップとエクスペリメンタルの境界線を継ぎ目無くふんわりと溶け合わせた、透明感溢れる極上のドリーミー・アンビエント・ポップ。

2007年の1stアルバム『Drape』以来6年ぶりとなる、札幌出身東京在住の女性アーティストMoskitooことヤマサキ・サナエの2ndアルバムが遂に完成!生物や物質を構成する細胞、分子、素粒子などの最小単位を創造の源に、細胞分裂という意のタイトル「mitosis」を繰り返すように、小さな音が増殖し変化し作用し合いながら空間を満たしてゆく…というイメージで制作が行われた本作。柔らかな歌声の美しいメロディーやハーモニーに、アコースティックギターや様々なオーガニックな生音、そしてデリケートな電子音のトリートメントがゆっくりと溶け合わせながら、どこまでも透明でドリーミーなアンビエント・ポップを生み出しています。ソロ活動の他、FilFlaのメンバーやデザイナーとしても多忙な日々を送ってきたMoskitooですが、ポップと実験の境界線をふわりとナチュラルに継ぎ目無く融合してしまう音の探求者としての高度なスキルと素晴らしいソングライティング力が、日本女子エレクトロニカ勢を代表する存在感を放っています。

★国内流通盤特典★
ボーナストラック3曲のダウンロード・クーポン付き
(CD帯裏面に記載されています。)

★初回購入特典★
◇特製缶バッチ特典
Tower Recods/HMV/DiskUnion/12k Online Storeなどのショップの初回入荷分に缶バッチ特典が着きます。(数量限定、無くなり次第終了。一部対応していない店舗もございます。)
◇特製ハンドメイドブローチ特典
weird-meddle record(札幌)、murmur records(東京)、NADiff x 10(東京)、NADiff a/p/a/r/t(東京)、 STORE 15 NOV(仙台)、CMBMC / C7C(名古屋)、SOUND BAY REPUBLIC上前津店(名古屋)、ART ROCK NO.1(京都)、PASTEL RECORDS(奈良)、Fastcut Records(兵庫)、トレンド書店防府今宿店(山口)、nowhere(富山) 、Lykkelig(金沢)、 p*dis online shop(通販)
(ご好評につきブローチ特典は完売、終了いたしました。ありがとうございます。)

Profile

Born in 1978, grew up in Sapporo, Japan, Moskitoo is a sound and graphic designer and vocalist based in Tokyo.

In 2007, Moskitoo released her debut album "Drape" on New York's 12k, one of the most important labels for minimal electronica music in the world.

Moskitoo creates her own musical world using everyday instruments and objects like guitars, xylophones, and toys, to produce a style where electronic sounds and the harmonic layer of her unique voice meet.

Thanks to the great success of "Drape", especially overseas, Moskitoo toured Japan as well as the world, playing 13 shows including France, Belgium, Switzerland, New York, Boston and Canada.

She was invited to various events including art festivals such as the Camera Japan Festival in Rotterdam, Netherlands and Send + Receive in Winnipeg, Canada, and a live studio session for Dutch National Radio. She did an Australia tour in 2011.

Subsequently, Moskitoo released "DRAPE REMIXES," a remix e.p. with remixes by Taylor Deupree (12K), Frank Bretschneider (raster-noton) and Mark Fell (SND), and "Si Sol E.P.," a 7 inch record in collaboration with Sanae Nishio, Japanese painter who contributed her work for the sleeve art. Other Moskitoo work has ranged from music for the iPhone/iPad app "Night on the Galactic Railroad by Kenji Miyazawa: a Music Picture-book" to remix work worldwide.
(Translated by Shihoko)

OFFICIAL WEB SITE : www.moskitoo.com


1978年生まれ。札幌出身。東京を拠点に活動するサウンド+グラフィックデザイナー、ヴォーカリスト。07年、ミニマル、エレクトロニカミュージックシーンにおける最重要レーベルのひとつ、ニューヨークの12kより1st Album「DRAPE」でソロデビュー。
ギターやシロフォン、トイ楽器など身の回りにある様々な楽器やオブジェクト、電子音に、倍音のような広がりと不思議なクセのある自身の歌声を幾重にも折り重ねるスタイルで、独特な楽曲世界を構築する。
デビューアルバム「DRAPE」は主に海外を中心に評判を呼び、国内でのツアーの他、フランス、ベルギー、スイス等ヨーロッパ諸国、ニューヨーク、ボストン、カナダでの全13公演に及ぶワールドツアーを敢行。ツアーではロッテルダム「CAMERA JAPAN FESTIVAL」ウィニペグ「SEND+RECIVE」などのアートフェスティバルの他、オランダの国営ラジオでのスタジオライブなど大小様々な企画に招聘され、ライブを披露した。また、11年にはオーストラリアにてツアーを行なった。

これまでに、テイラー・デュプリー(12K)、フランク・ブレットシュナイダー(raster-noton)、マーク・フェル(SND)によるリミックスEP「DRAPE REMIXES」、日本画家西尾早苗の日本画作品とのコラボレーションによる7inchアナログEP「Si Sol E.P.」をリリース。また、iPad/iPhone用絵本「音楽絵本・銀河鉄道の夜」や映像作品への楽曲提供、リミックス提供の他、自身のプロジェクト以外にも、FilFlaのアルバム作品やライブにヴォーカリストとして参加している。その他国内外のアーティストの作品、CM音楽などにヴォーカリストとして参加するなど、様々なフィールドで多岐に渡る活動を行なっている。
13年9月に、フルアルバムとしては6年振りとなる新作「Mitosis」をリリース。

OFFICIAL WEB SITE : www.moskitoo.com

pagetop